JR小岩駅北口地区は、2020年に市街地再開発組合の設立が認可され、2029年度の事業完了を目指してプロジェクトが進んでいます。まちの骨格となる道路や交通広場、立体歩行者道路、駐車場・駐輪場を重点的に整備することで、利便性・快適性を大きく向上させます。

  • 北口通りが9mから18mに拡幅されるほか、約6,100㎡の交通広場が設けられ、路線バスやタクシーの乗入れも可能になります。同時に、人の集う商業施設、憩える広場、潤いの緑化空間、楽しい時間を演出するイベントスペースなどを計画し、活気とにぎわいあふれる市街地を形成します。

JR小岩駅北口地区は、2020年度の着工、2025年度の完成を目指してプロジェクトが進んでいます。まちの骨格となる道路や交通広場、立体歩行者道路、駐車場・駐輪場を重点的に整備することで、利便性・快適性を大きく向上させます。

北口通りが9mから18mに拡幅されるほか、約6,100㎡の交通広場が設けられ、路線バスやタクシーの乗入れも可能になります。同時に、人の集う商業施設、憩える広場、潤いの緑化空間、楽しい時間を演出するイベントスペースなどを計画し、活気とにぎわいあふれる市街地を形成します。